結納講座 結納の疑問を解決!

結納講座

結納について知っておくべき事。

結納は、結婚の約束を公にするために行う為の、日本の伝統的な儀式です。結納では、結婚の約束をした証に、両家の間で結納品の受け渡しを行い、婚約のお祝いが行われます。

結納では、男性側は、これまで大切に育ててこられた女性を頂くにあたり、その両親に誠意や熱意を表す場になります。結納は今後長く続く親戚付き合いのスタートで、二人の関係を両家に認めてもらい、気持ちよく出発出来るようにする必要があります。また、結納を行うことで、本人にも結婚するという意識が高まり、生活に変化をつけるきっかけになります。

そんな結納も、現代では儀式的なものに抵抗を感じる人が多く、結納は行わないと言う人も増えています。結納はする、しないは自由で、結納を行わなくても結婚する事は可能ですが、結婚は本人だけでなく両家に大きく影響する出来事です。本人達はしたくなくても、両親が行うと言っている場合には、耳を傾けてよく話し合いましょう。一般的に、結納で両家の親は面識が出来るので、互いに誠意を示し、良い親戚関係を行いたい場合は、結納を行った方がいいでしょう。

結納式には種類があり、昔から行われている正式結納や、簡単に済ませる略式結納などがあり、結納を行う代わりに食事会で顔合わせを行う事も増えています。ただ、どんな形であれ結納式が人生の重要なケジメである事に変わりなく、結納をする意味を全員が認識して行われる事が大切です。結納には、しきたりや形式など難しそうに思えるものもありますが、まずは難しく考えず、自分たちの結婚の決意を家族に示そうとする事が大切です。

その思いを忘れなければ、互いに失礼のないように、思いやって結納を行う事が出来るでしょう。結納を行う事で、結婚をよりはっきりと意識出来るようになります。互いに思いやりの心を持って行えば、自ずと周囲の人も祝福し、助けてくれる素敵な結納式となるでしょう。めんどくさいと結納を省いてしまわずに、人生の節目として、記憶に残る結納が出来るようにしましょう。

スポンサードリンク

結納の基礎知識
結納とは
結納の時期
結納金
結納品
結納返し
家族書
結納品の意味
受書
水引
仲人
結納のマナー
結納でしてはいけない事
結納と縁起物
結納の席次
結納品の処分
結納をする 食事会 顔合わせ
食事会とは
食事会の場所
結納をする 略式結納
結納の挨拶
結納の負担
結納の服装
結納を行う場所
結納前の準備
色々な結納
結納金のみ
正式結納
同時交換
略式結納
結納のQ&A
結納後の婚約破棄
関東と関西の違い
結納しなくてもいい?
結納後の過ごし方
仲人は呼ぶ?
海外の結納
その他結婚に関する情報
結婚相談所
Copyright (C) 結納講座 結納の疑問を解決! All Rights Reserved